リストカット・自傷行為まらない・・病院ったほうがいいの?

2019.05.28

  • LINEで送る

リストカットをはじめとする自傷行為は、かつては20女性失恋にした印象がありましたが、最近は10男性女性とも約10%がしているとわれています。しかし問題は、リストカット・自傷行為をしているのほとんどがその行為を「誰にも相談できていない」ということです。

リストカット・自傷行為をしてしまうメカニズム


そもそも、なぜリストカット・自傷行為をしてしまうのでしょうか。「彼女くため」「周囲同情うため」などえられがちですが、そうではありません。本人は「自分むほど気持ち」なのです。しかしその気持ちを上手説明できないため、手首ることで「代償(かわりにつぐなうこと)」しています。本来かに気持ちを言葉文字えられるといのですが、口下手だったり、対人不信っていたりすると、なかなかそうもいきません。

リストカットをする場合くは「孤独感(ひとりぼっちという感覚)」や「空虚感(心にぽっかりと穴があいたようなむなしい感覚)」、にもれないという「無力感」もえるいです。この背景には友達関係家族関係などにおいて、安心できる人間関係なかったことがえられます。このため、他人けず、つらい気持ちをめ、自分つけることで代償しているのです。

リストカット・自傷行為をやめるにはどうしたらいい?


それでは、リストカット・自傷行為はつらい気持ちをやわらげる方法として黙認してもよいのでしょうか。いえ、そのようなことはあってはなりません。

リストカット・自傷行為はつらい気持ちをやわらげるのは唯一手段のようにじるかもしれませんが、それをけると、一種依存症のようになり、められなくなってしまいます。さらにエスカレートしてしまい、手首からなどへと自傷する場所り、わることもあります。また、市販薬ってたくさんんだり、非合法入手したりするもいます。そのため、できるだけ自分のつらい気持ちを「言葉」や「文字」により表現できるようにしていく必要があります。

しかし、自分一人ではしいことでしょう。もともと口下手だったり対人不信だったりして、リストカット・自傷行為しか、自分のつらい気持ちを表現できなかったのですから。まずは友達先生やアルバイトなど周囲のだれか1でもいいので相談することからはじめしょう。これを適切な「援助希求行動(助けを求める行動)」とびます。

そして、かにけをめられなかったり、「づいたらえていた」などみや記憶がなくなってきたり、自傷以外健康する行為危険性行為摂食障害過度飲酒など)がられるようになったら、病院受診検討してください。カゼなど病気にかかったら治療するように、病気治療していかなければ、症状必要以上長引いたり、症状につながりかねません。ただ、病院一人受診するのは抵抗もあるでしょうから、先生養護教諭友達などへ相談し、どなたかと一緒受診するがいでしょう。

にも相談できない場合はこのサイトから相談できるサービスを使用したり、病院のおせフォームから相談したりしてみてください。

友達自傷行為つけたら?


友達から相談けたり、かけたりしたがけるべきことは、本人がリストカット・自傷行為をしていたことをったり、めたり、無理にやめさせようとしたりしないことです。本人はリストカット・自傷行為せざるをえなかったからそうしていただけで、したくてしていたわけではありません。したがって、うべきことは本人のそばにい、気持ちをくみることです。心理学専門用語では「傾聴熱心くこと)」「共感相手感情体験自分のことのようにじること)」「受容相手否定肯定もせずそのままれること)」とびます。なぜリストカット・自傷行為にいたったのか、そこにるまでの気持ちを最後までいてあげること、つらかった気持ちにうことだけでもきなえになります。

そして、上記のようにリストカット・自傷行為背景には比率精神疾患想定されますので、ひとりで友達えようとせずに、病院やクリニックの「精神科(心療内科)」を受診紹介するのがよいでしょう。そのに、友達ひとりで病院受診心細いかもしれないので、病院まで一緒ってくれる大人手伝いなどもすると、みやすいかもしれません。

2019.05.28

  • LINEで送る
この記事(きじ)()いた(ひと)茅野
銀座泰明クリニック 院長精神科医

関連(かんれん)するサービスをさがす

(ちか)くのサービスに(しぼ)

もっとみる

もっとみる

まずは、お()まいの地域(ちいき)選択(せんたく)してください

読み込み中

サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)