サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)

進路進路全日制普通科高校だけじゃない!高等専門学校(高専)や高等専修学校ってってる?

2018.08.14

  • LINEで送る
進路シリーズの1回目2回目では、様々種類の「高校」の特徴紹介しましたが、中学卒業後進路は「高校」だけではありません。
今回は、中学卒業後進学先として、高校以外学校居場所について紹介します。

高校じゃないけど卒業すれば大学進学できる学校

1回目でも紹介したように、
中学卒業後、より専門科目びたい!というには、専門学科高校以外にも、高等専門学校高専)または高等専修学校むという選択もあります。

どちらも専門的なことをべるというではじですが、高等専門学校高校短期大学えた学校で、3修了すれば高卒資格がもらえます。
高等専修学校専門学校中卒者けにした学校で、制度上卒業しても高卒にはならないので卒業しても最終学歴中卒になります。

それぞれのいは以下りです。
高等専門学校高専 高等専修学校
卒業年数 5 1~3
大学入学資格がもらえる学校※1は3
卒業したら? ・3修了した時点高卒資格がもらえる
卒業(5)すれば大学の3年生として編入ができる
卒業(5)すれば準学士短期大学卒業者称号)がもらえる
高卒資格はもらえないが、大学入学資格がもらえ、大学短期大学受験できる※2
・3年制学校卒業すると専門学校受験できる
最終学歴中卒になる
学校生活は、普通高校じく、放課後部活があったり、制服がある学校もあります。
高等専門学校はロボットや機械、システムなどの技術者航海士などのわる技術けたいく、
高等専修学校は、調理師やファッションなどの資格取得准看護師になるための試験受験資格取得目指いです。
卒業後は、高等専門学校高等専修学校も、大学専門学校進学する就職する半分ずつぐらいのようです。

高等専門学校にはどうすれば入学できる?


高等専門学校は、一般高校じく願書調査書提出し、1~2月頃実施される学力試験けて合格すれば入学することができます。(面接などを推薦入試実施しているところもあります)

全国高等専門学校一覧は、国立私立高等専門学校文部科学省のHP)確認できます。ほとんどが国立校で、私立校は3あります。

になる学費は、以下の3りです。
国立公立高等専門学校 私立高等専門学校
入学料 84,600 20
授業料 234,600/
50
これにえ、高等専門学校にはがあるところもあり、入寮する場合には別途寮費がかかります。


また、前回紹介したように、から学費支払いをサポートしてもらえる仕組みも利用できます。
3年生までは、高校じく、高等学校就学支援金制度利用でき、保護者年収910円未満であれば、授業料一部全額支給されます。

さらに、保護者年収250円未満であれば「高校生奨学給付金」も利用できます。兄弟人数保護者年収によって金額わりますが、年間おおよそ3~13支給されます。
んでいる地域によってかい仕組みはなるので、しくりたいは、各都道府県奨学給付金窓口わせてみてください。
高校生奨学給付金のお問合一覧文部科学省のHP)

高等専修学校にはどうすれば入学できる?


高等専修学校は、書類面接作文によって合否判断するところや、普通高校じく学力試験うところもあるなど、学校によってさまざまです。

学費についても、学校によってさまざまなので一概目安提示することはできませんが、保護者年収によって高校学校就学支援金制度奨学給付金利用することができます。支給される条件は、上記高等専門学校じです。
そうしたこともまえたで、学費についても検討してみてください。

高卒にならないけどこんなところも…


学校うことや、からることがしい生徒居場所づくりや学習指導をしているところに、フリースクールというものがあります。
頻度自由なところがく、3円程度から利用できる場所です。(フリースクールによって料金なります)
こちらは「学校」ではありませんが、一般的学校のように部活動のような活動っていたり、体験活動などの行事っているところがいです。

フリースクールは学校ではないので卒業しても高卒資格ることはできません。しかし、勉強をして高卒認定試験合格すれば、大学専門学校受験ができるようになり、べる仕事選択肢がります。

中学卒業後進路高校だけじゃない

このように、中学校卒業後はたくさんの進路があります。
もちろん、進学以外にも就職するという選択肢もありますが、現在中卒就職する割合ないため、高卒資格がない状態での就職は、仕事内容られてしまうこともいです。
中学卒業後、どうしてもきたい職業がある場合以外高校(または高卒資格れる学校など)を卒業してから就職したが、仕事選択肢がり、将来やりたいことにつながるかもしれません。

学校情報は、インターネットや学校への資料請求体験授業などでることができます。んな学校べてみて、自分いそうな学校してみてください。



※1 すべての高等専修学校卒業すれば大学入学資格をもらえるわけではありません。文部科学大臣指定専修学校高等課程一覧文部科学省HP)では、大学入学資格がもらえる学校一覧になっているので、進学える参考にしてください。
※2 3年制であれば、高卒者同等われる人事院規則があり、国家公務員になった場合には高卒者同等われます。

2018.08.14

  • LINEで送る

関連(かんれん)するサービスをさがす

もっとみる

もっとみる