サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)

33はひなり。どんなってる?

2018.02.28

  • LINEで送る
毎年33は「ひなり」のです。健康成長していくのをで、ひな人形習慣でもられています。
きれいな着物につけた「おひなさま」の人形たことがあるもいるでしょう。
今回は、ひなりはいったいどんな行事なのかを調べてみました。

ひな人形は、すものだったってってた?

ひなりは、季節節目行事のひとつです。
中国では、からわっていくこのに、水辺でからだをめるおはらいの行事をしていました。
その行事日本わり、変化し、自分わりとして人形水辺すようになりました。やわらなどでった人形し、自分のからだについたいものをしてめるのです。

この風習は「しびな」とわれ、でもっている地域があります。このしびなや、からがしていた人形でのび(ひいなび、といったそうです)がわさり、ひなりは成長行事となっていったとされています。

してめるものだったひな人形ってしむようになったのは、江戸時代からのようです。
それからは、だんだん全国でひなりの行事われるようになっていきました。

ひなりは「節句」ともわれる

季節節目のことを「節句」といい、ひなりは別名節句」ともわれます。季節にある節句、ということでこうばれます。
たことはありますか。にはから、病気などをこしてしまうがあるといわれていました。季節節目にからだをめる行事にふさわしいだったのです。 でも、しいは「3めはまだいていないよ?」とうかもしれません。そう、の33はまだ時期ではなく、1ヶ月後の4月初めが本当季節です。どうしてずれてしまったのでしょうか。

は、明治時代めまで使っていた「旧暦」とばれるのカレンダーと、みなさんが使っているカレンダーには1ヶ月くらいずれがあり、の33の43くらいの季節でした。

節句旧暦使っていた時代からの行事なので、とは季節ってしまっているのです。季節にやるため、1ヶ月い43にひなりをする地域もあるんですよ。

いろんな種類があるひな人形

日本各地まっていったひなりの行事は、それぞれの地域によって、しずつった風習られるようになりました。

えしたように、ひなりのまりといわれる「しびな」をもやっている川沿いの地域もあれば、3ではなく旧暦でひなりをする地域もあります。

人形もいろいろあり、天井からでつるす「つるしびな」をったり、神社などの石段何十人形べる習慣有名なところもあったりします。ったり、いたりしてるひな人形地域伝統としてしまれているところもあります。 自分んでいる地域にはどんなひな人形があるのか、調べてみるのもしいですね。

2018.02.28

  • LINEで送る

関連(かんれん)するサービスをさがす

もっとみる

もっとみる