まずは、お()まいの地域(ちいき)選択(せんたく)してください

サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)

ハロウィンってそもそも

2018.10.23

  • LINEで送る
1031は、ハロウィンです。

ハロウィンの時期づくと、おではカボチャを使ったりつけがしてあったり、仮装してパーティーをしむためのグッズがってあったりしますよね。
でも、そもそも、ハロウィンってなのでしょうか。

うおりだった

ハロウィンのまりは、2000くらいまったとわれています。
まりには色々意見がありますが、ヨーロッパで、って場所えながららしていた「ケルト」という民族のおりだともわれています。

ケルトにとって、1031は1わりのおおみそかので、そのにはくなったがやってきて、さをするともじられていました。

そのうために、たきをしたり、仮面をかぶったり、仮装をしていたようです。
このにやっていたことが、仮装をする習慣につながったともわれています。

なんでカボチャなの?

よくハロウィンのりつけで、かりがったカボチャをよくかけるといます。このりは「ジャック・オ・ランタン」とばれています。

カボチャを使っているのは、カボチャがべるにはかったことと、きくて頑丈で、中身をくりぬいてロウソクをすのにぴったりだったからのようです。
ハロウィンをでは、カボチャを面白にくりぬいてることで、がらせることも期待しているみたいです。

ちなみに「ジャック・オ・ランタン」は、ランプをさげてっているジャックという意味です。
伝説で、ジャックという悪魔をだましてんだ天国にも地獄にもけず、ランタンをってさまよったというがあり、そこからハロウィンのカボチャをってうという習慣につながったようです。

トリックオアトリートって?

ヨーロッパやアメリカで、どもたちがトリックオアトリートといながら、ねてお菓子をもらう習慣は、いたことがあるかもしれません。

もともとハロウィンの人々くなったのいるねて、おりをして、おしにお菓子をもらうことからまったともわれています。
では、大人たちがお菓子をたくさん用意して、どもたちがやってくるのをち、どもたちは仮装してお菓子をもらってまわったりするおなじみのイベントとなっています。

仮装するだけがハロウィンじゃない

海外のハロウィンでは、伝統的なことを大事にするごしもあります。
えばイタリアでは、くなった親戚のおをおりして、おなどをおえする行事があったりして、地域によって色々ごしがあります。
日本では仮装するイベントというイメージがあるかもしれませんが、仮装するだけがハロウィンのごしではないのです。

ハロウィンの時期になるとあちこちのおられるかぼちゃのスイーツやお菓子べてみたり、ハロウィンがテーマの映画もあるので、ながらごしてみたりしてもいいかもしれません。

ハロウィンについてみてきましたが、いかがでしたか。ハロウィンの意味ごしって、しイメージがわったかもしれませんね。

2018.10.23

  • LINEで送る

関連(かんれん)するサービスをさがす

(ちか)くのサービスに(しぼ)

もっとみる

もっとみる

読み込み中