まずは、お()まいの地域(ちいき)選択(せんたく)してください

サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)

こどものって、どんなことをするの?

2018.04.24

  • LINEで送る
4わりから5めにあるのがゴールデンウィーク(GW)。
ゴールデンウィークは、祝日いて学校がおみになる連休のことですが 、そのゴールデンウィークには、どんな祝日があるかっていますか。
みなさんと関係いのは、55の「こどもの」です。
では、こどものは、どんなことをするなのでしょうか。

こどもの成長

祝日めている法律では、こどものは「こどもの人格んじ、こどもの幸福をはかる」と、しい言葉かれています。かりやすくうと、こどものことを大切にし、せになるようです。

55はもともと「端午節句」とばれる季節節目で、33の「ひなり (節句」が成長うのにし、端午節句は、かぶとや五月人形り、成長でもあります。

いをける「ショウブ」と「尚武

端午節句も、ひなりの「節句」とじように、中国われていた行事のひとつです。中国では、5病気になりやすい、だとされていました。そこで、病気いをけるために、薬草るようになりました。

その薬草としてよく使われたのがショウブです。ショウブは黄色いとてもさな棒状まってき、りがします。そして、のようにけます。 武士社会だった鎌倉時代、「ショウブ」と言葉に、大切にするという意味の「尚武」がありました。みなので、ショウブを端午節句に、武士大切にし、成長うようになりました。
やがて、武士ではなくても、成長うようになり、こののおいのになりました。

55法律で「こどもの」になったのは、70年前の1948のことで、どもを大切にする祝日ることになり、いつがいいかをえて、成長として定着していた端午節句び、このになりました。

こいのぼりをるのはなんで?

こどものには、こいのぼりを習慣もあります。これは、コイがをのぼってになるという中国伝説と、日本さまをえるためにてる風習わさったとわれています。
さなコイがきなになることから、どもがきくなって出世することをい、こいのぼりをがせるようになったそうです。

こどもの前後には、日本のあちこちで、こいのぼりをるイベントもあります。

埼玉県加須市は、明治時代から職人さんがこいのぼりをめ、こいのぼりの生産量日本一になったところとして有名です。でも特産品としてられており、毎年5には、さが100メートルもある「ジャンボこいのぼり」をがせています。
今年も53にイベントがあります。

また、東京都心東京タワーでも、56まで、とりどりのこいのぼりをっています。そのは、タワーのさ333メートルにちなんで、333
にはライトアップされて、虹色くそうですよ。

埼玉県加須市のこいのぼりの情報こちら
東京タワーのこいのぼりの情報こちら

にもたくさんのイベントがありますので、してみると面白いですね。

2018.04.24

  • LINEで送る

関連(かんれん)するサービスをさがす

(ちか)くのサービスに(しぼ)

もっとみる

もっとみる

読み込み中