アルバイトをんでもお支払われる制度がある?アルバイトでももらえる有給休暇とは?

2019.06.11

  • LINEで送る

「有給休暇」という言葉いたことはありませんか?
これは「みをっても、そののお給料支払われる制度」のことで、「有給」もしくは「有休」としてばれています。(正式には年次有給休暇)。

みたいけどアルバイトがるとる!

高校1年生のAさんは、学校生活必要なものをったり、友達びにったりするおぐため、放課後土日使って、3日間カフェでアルバイトをしています。

しかし、毎日授業えて高校での課題く、アルバイトとの両立体力的くなってきました。

Aさんは、せめて1でもみがしいとっていますが、アルバイトをむと給料るため、無理をして、仕方なくアルバイトをけています。

有給休暇ろう!


Aさんのような場合活用できるのが「有給休暇有給)」の制度です。

有給休暇は、社員としてだけのルールだとわれていることもありますが、アルバイトにもてはまります。

有給休暇」をもらうことのできる条件は2つです。

1、職場で6ヶ月以上いている
2、められたシフトの8以上出勤している

この2つをクリアすれば、アルバイト時間いた日数によって1年間で1から最大で20日間の「有給休暇」がえられます。

さらに、いた年数えると、有給休暇えていきます。*1
有給休暇計算方法は、アルバイトの時間日数によってわってくるため、参考にしてください。1週間や1年間いた日数過去6~12か実績計算します。

また、この「有給休暇」の制度使ってんだにもらえるお給料は、過去3ヶ月のアルバイトの1平均金額です。

えば、時給1000のアルバイトで、2に8日間いたとします。
そのうち、3時間いたが4日間、5時間いたが4日間あったとすると、
2にもらえる給料
(1000×3時間×4日間)+(1000×5時間×4日間)=32000となります。

この2の1平均のアルバイト金額は、32000÷8日間=4000計算ができます。

この計算方法で、2のお給料が1平均4000、3が4200、4が4700だった場合過去3ヶ月のアルバイトの1平均金額計算は、
(4000+4200+4700)÷3=4300です。
つまり、有給休暇にもらえるお給料は、1あたり4300となるわけです。

むことは大切有給休暇活用しよう

有給休暇は、が、れを回復するためにある制度です。また、リフレッシュすることで意欲がわいて仕事がはかどれば、それは会社にとってもきなメリットになります。

有給るためには、まず給与明細か、なければ自分いた時間日数をメモして、アルバイト自分有給日数確認してください。

そので、アルバイト店長責任者有給休暇についていてみましょう。

みのがしにくい場合は、のアルバイトの一緒相談ったり、この記事参考に「アルバイトでももらえるとかれています」とえてみるのもいいかもしれません。

もし有給をもらえなかったり、わからないことがあれば、労働相談ホットライン相談してみましょう。

アルバイトを無理なくけるためにも、ぜひ有給休暇制度活用してみてください!

*1 厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/dl/140811-3.pdf)

2019.06.11

  • LINEで送る

関連(かんれん)するサービスをさがす

(ちか)くのサービスに(しぼ)

もっとみる

もっとみる

まずは、お()まいの地域(ちいき)選択(せんたく)してください

読み込み中

サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)