サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)

性器がいつもとう …これって病気? 10性病症状対処法

2018.05.22

  • LINEで送る
今回性病しくは「性感染症」)について症状対処法をおけしたいといます。

性病は、病気原因となるウイルスや性器やその周辺精液分泌液血液などにいて、性行為によって粘膜からうつります。性器同士接触だけではなく、性器肛門からも感染することもあります。

性病かもしれない症状って?

たとえば、男女別だとこのような症状があります。
男子場合
尿道からうみがでる
精巣のあたりがはれて

女子場合
・おりものがいつもと
 (くてモロモロしたカッテージチーズ黄色がかっている、血液じったピンク~茶褐色、かゆみやニオイがいつもよりもきつい、える、泡状など)
性行為みがある

男女共通
性器周辺)にかゆみや炎症がある
性器周辺)に発疹や、イボ、ぶくれがある
・おしっこをするみがある


ただし、これらの自覚症状ない性病もあります。

たとえば、若者性病のクラミジアでは、女性80%、男性50%が感染しても無症状われています。症状があるは、医療機関での検査の「しどき」ですが、性病放置してもらないどころか、病気進行していくこともあります。症状がおさまってもめに検査受診をしましょう。

また、性感染症くは悪化してからではないと症状かりにくいことがいです。よりくからだの変化づくためには、普段元気正常なときの自分のからだをっておくことが大切です。
ぜひ、自分性器やおりもの/精液状態普段からチェックしてみてください。性病感染づかずそのままにしておくと、のパートナーに感染げてしまうだけではなく、不妊といって将来ちゃんができづらいになったり、妊娠出産時ちゃんに病気感染させたりしてしまうこともあります。

性病はセックスの回数がなる病気」だとっているもいるかもしれませんが、それは間違いです。たとえ一度性関係であっても、真剣なおいでも、性生活めれば、性病になるリスクはにでもあることです。

性病性的接触をしないことが一番確実予防法ですが、性関係つときはコンドームで予防し、感染したかもしれないは、検査治療をしましょう。また、特定のウイルスや病気してかかりにくくするワクチン(予防接種)も開発されています。

もし性病かもしれない…とったは?

性病は、検査発見し、きちんと治療すればるものがほとんどです。

検査保健所であれば無料匿名でしていますが、病気種類検査時間られているので、調べていきましょう。病院は、検査費がかかりますが、病気かればすぐに治療められます。

一般的には、男子泌尿器科女子婦人科産婦人科受診しましょう。そして、感染かったら、症状がなくてもパートナーに検査けてもらい、感染していた場合はパートナーも一緒治療をしましょう。どちらか一方っても、パートナーが感染したままだと再度感染することがあるからです。

病院はどのくらい費用がかかる? にバレない?

病院での検査治療は、症状があれば保険適用となり、保険証っていけば料金は7割引き(3負担)になります。

めての受診でかかるおは、初診料検査で5000のことがいようです。め「●●範囲検査をしてください」とえることもできます。

一方で、保険証使うと加入している組合から医療費通知られてくることがあり、保護者診療した日付金額病院名られる可能性はあります。

産婦人科婦人科くことがられたくない」という場合は、「生理痛がひどい、おしっこをするところがい」など、性行為によるトラブル以外理由えておくのもつの方法です。
たとえば男子性器精巣炎症こしたり、女子生理痛膣炎膀胱炎になったりということは経験がなくてもなりうることです。
性病っておいていいことはありません。まずは検査け、結果次第えるかどうかをえてみてはどうでしょうか?

病院ってどうやってつけるの?

んでいる地域泌尿器科/婦人科などで検索をします。女性婦人科産婦人科場合は、お不妊治療をメインでしている施設より、婦人科外来がメインのところがおすすめです。思春期外来として開設している施設や○○女性クリニックなど、女性受診しやすいシステムになっている施設もあります。

病院コミサイトを参考にしたり、医師性別雰囲気をホームページなどで確認したりして自分いそうなところをぶことができます。もし「この病院やお医者さんは自分にはあわないな」とったら、病院えるのも検討してみてください。

病院相談したい

ピルコン メール相談



記事助産師資格つピルコンのスタッフのアドバイスのもと、作成しました。

2018.05.22

  • LINEで送る
この記事(きじ)()いた(ひと)染矢 明日香
NPO法人ピルコン理事長
自身経験をきっかけに、大学在学中にピルコンを設立し、2013NPO法人化
医療従事者などの協力ながら、大学生若手社会人のボランティアと中高生やその保護者対象健康やライフプランニングを講座う。"人間"教育研究協議会東京サークル研究局長。2016年度からは杉並区協働提案事業「すぎなみレッドリボンプロジェクト」を推進著書に『マンガでわかるオトコのの「」』。

関連(かんれん)するサービスをさがす

もっとみる

もっとみる