10妊娠みたいとったら

2019.01.08

  • LINEで送る

妊娠したかも…そして「みたい」とった妊娠出産はうれしいことでもありますが、どもをてる義務責任もともないます。前回は「妊娠したかも。もしまない選択をしたら…」の記事で、妊娠したけどまない選択をした場合についての記事でした。今回は「みたい」と選択をしたにぜひっておいてほしいことをおえしていきます。

ども一人てるのに2000以上?!意外とかかる子育費用

ちゃんをみ、てる必要なおをまずはていきます。
出産する費用だけではなく、おむつ、ミルクどもが成長すると食費教育費もかかり、どもが0~6のときには毎年100円程度養育費としてかかるとわれています。*1

幼稚園から高校まで公立学校った場合500かかるとわれています。もし大学場合学費必要です。幼稚園から大学まで国公立った場合どもにかかるお2650私立場合は3000円以上かかる場合もあるのです。*2
奨学金方法もありますが、どもをてるにはお必要なのです。

以外では、妊娠中はもちろん、んだちゃんのお世話をしなければならないので、ちゃんをんでからの生活はそれまでときくわります。
ちゃんは食事やトイレがひとりではできないので、りのお世話をすべてする必要があります。夜中いて、がなかなかれないこともあります。

てるために必要なおぐため必要がありますが、ちゃんが病気やけがをしたときに保育園けられないと、仕事まなければならなくなります。

どもはさいよくします。0~2のころは元気だったのにく、保育園からえにるようされるがよくあります。また、きくなってからも保育園集団生活では感染症ももらいやすく、感染症にかかるとまなくてはいけません。どもがいのではなく、どもは身体さく病気になりやすいのは仕方ないなのです。

このように、お準備することやちゃんのりの世話などをえると、ひとりですべてをやるのはとてもしいです。そのため、りのからのサポートはかせないのです。

 

協力をしてもらうためにえなければならないこと

まずは相手妊娠についてえることです。
ただ「みたい」ではなく、まずおいの気持ちを確認しあって、んだらどうやってどもをてていくのか、お準備生活はどうしていくのかなど、ってみてください。

そしておいのにもえることが、法律上でも必要になっています。
まず、未婚未成年出産した場合まれてくる母親として 戸籍ります。そして、父親は「認知」をすことで、父親としてめられます。

親権」(どもの面倒てる権利のこと)は母親にありますが、そのてる義務責任は、母親(親権者)にあります。(てる責任両親わりにつので、これを「親権代行」といます)

そのため、にも理解してもらう必要があるのです。(ただし、10でも入籍すれば、まれてくる親権ることができます)

相談しにくい場合

えるのは勇気がいるといます。
でも、子育てにはたくさんの協力やサポートが必要なので、あきらめずに時間をかけて何度って、協力してもらえないか相談をしてみてほしいといます。

相手相談する…それがしいもいるかもしれません。そんなには、相談機関病院、 スクールカウンセラーなどえてみましょう。
相談先一緒に、にどうえていくかをえるもできるといます。 わたしたちにも相談してほしいとっています。

にんしん SOS東京全国から相談できます)

まで相談けたには、最初から協力することを拒否されていましたが、「みたい」と いう気持ちをもち、相手今後計画(におのこと)をい、それをえる時間をかけて協力られたケースがありました。

妊娠かったら

妊娠出産をするには病院診察定期的健診けたりする必要があります。
定期健診出産については、妊娠ってそもそもどういうもの?」でまとめているので、てみてください。

また、出産をするにあたって、学校める必要はありません。あなたの実現や、就職先選択肢やすためにも、勉強けることは大切なことです。
しくは、「妊娠したけど、高校けられる?」でまとめています。

 

みたいけれど、自分ではてられないときは

 

みたいけど自分ではてられない…そんな場合施設生活したり、里親のもので生活したり、さまざまな方法があります。地域ども家庭支援センターや保健所児童相談所などで相談することができます。

施設里親においするだけではなく、あなたが安心して子育てできるように支援方法一緒えてくれるかもしれません。特別養子縁組、という制度もあります。法律的親子関係終了させ、しい実子となります。成立するとみのとしての権利はなくなり、そのすことはできません。おろすのは抵抗があるけれど、てることはしいという場合選択肢になります。

まずは相談して、一番方法つけていきましょう。どもの生活第一に、最適方法一緒えることができます。にあげた行政機関相談することがしければ、たちにんしんSOS東京全国から相談できます)にまず相談し、どんな方法一番よいかえる方法もあります。どもの危機がないり、強引されることはありませんので、安心して相談してください。

どもをんだ利用できる制度

もし子育てにれたり、自分怪我をしてしまったりしたに、短期間けることができる「ショートステイ」という制度もあります。
にも、地域ども家庭支援センターや保健所には子育ての相談もでき、どもをけるサービスを紹介してもらうこともできたりします。
地域社会みんなでどもをてられるように、使うことができる色々なサービスがあるのです。

最後

妊娠出産一人ではげるのは困難です。
まれてくるかけがえのないとあなたの笑顔るためにも、周囲協力ることは必須です。

家族周囲からの協力ることがどうしてもしければ、福祉などの様々なサポートをけることもできます。一人えこまずに、様々相談機関利用してください。



妊娠する相談窓口にんしんSOS東京全国から相談ができます)
にんしんにまつわるての「った」、「どうしよう」にいます。
電話とメールで相談ができます。



※1 内閣府「インターネットによる子育て費用に関する調査(2010年4月)」
http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/research/cyousa21/net_hiyo/mokuji_pdf.html
※2 ベネッセ教育情報サイト「【保存版】子育てにかかる費用のすべてを解説します」
https://benesse.jp/kosodate/201509/20150910-2.html

2019.01.08

  • LINEで送る
この記事(きじ)()いた(ひと)齊藤加奈江
保育士/社会福祉士。フリーターの児童福祉興味ち、保育士資格取得児童養護施設きながら、さらに専門的びたいと通信大学入学し、社会福祉士取得自身妊娠 子育経験から、妊娠する支援わりたいとい、にんしん SOS東京相談員となる。

関連(かんれん)するサービスをさがす

(ちか)くのサービスに(しぼ)

もっとみる

もっとみる

まずは、お()まいの地域(ちいき)選択(せんたく)してください

読み込み中

サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)