生活保護世帯大学などの進学必要なおってどれくらい?

2019.05.21

  • LINEで送る

高校卒業後大学短期大学専門学校進学をするか、就職をするかでっていませんか?
もし大学進学興味があっても、お手続きについて不安で、なかなか進学することがイメージしづらいかもしれません。

今回は、生活保護けている世帯大学進学時にどのような手続きが必要で、どれくらいのおがかかるのかをまとめてみました。

生活保護世帯高校生大学進学時必要手続

夜間大学以外大学専門学校などに進学をする場合、その世帯は「世帯分離(せたいぶんり)」という手続きが必要です。
世帯分離」とは、親子みながら、大学進学するどもだけを手続生活保護対象からすことです。

世帯分離をすると、一人分生活保護にあたる4~6円程度減額されてしまうため、在学中奨学金助成制度利用したり、アルバイトなどで生活費をまかなう必要があります。

また、病院くために国民健康保険加入し、毎月保険料必要もあります。(保険料んでいる地域収入金額によってなり、「国民健康保険 んでいる地域:○○など) 計算」などとインターネットで検索すると、料金をシミュレーションすることができます。)

生活保護世帯進学をする場合色々なハードルはありますが、できないではありません。

進学する最初にかかるおってどれくらい?

それでは、実際大学進学する場合受験前入学前準備必要費用についてみていきましょう。

受験料目安一般入試受験する場合

私立大学でセンター利用方式のみで受験する場合は、18000(センター受験料)+15000~2/(センター試験利用)=33000~38000円程度です。

募集要項せや願書送付に、1000~2000円程度かかります。

また、2021からは大学入試きくわり、センター試験廃止され、大学入学共通テストにわります。費用わる予定ですが、正式費用はまだまっていません。

入学するにかかる費用目安 

※1、2

公立大学国立大学とほぼ金額ですが、入学金んでいる地域によってなることがいです。


私立大学国立大学よりも傾向にあり、2~3支払わなければならない学校いです。ただし、授業料前期後期などにけて分割して支払える学校もあります。
また、入学金以外費用は2年目以降もかかるので、入学後にかかる費用参考にしてみてください。
学校専攻によって金額なるので、興味がある学校費用はホームページなどで調べてみてください。

それでは、たくさん必要になるおをどのやって準備したらいいのでしょうか?

次回以降の「生活保護世帯大学進学したら、在学中はどれくらいのおがかかる?」、「生活保護世帯大学進学使える奨学金制度ってどんなもの?」、「生活保護からの進学。アルバイトで進学費用めても大丈夫」では、大学入学後必要なおや、たくさん必要になるお準備方法について紹介していきます。


※1 大学・短期大学について: 文部科学省「平成29年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金 平均額(定員1人当たり)の調査結果について」を参考 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shinkou/07021403/__icsFiles/afieldfile/2018/12/26/1412031_01.pdf ※2 専門学校について:公益社団法人東京都専修学校各種学校協会「気になるお金のこと(平成28年度/昼間部/東京都専修学校各種学校協会調査統計部調べ)」 https://tsk.or.jp/Home/beuseful-money/index.html

2019.05.21

  • LINEで送る

関連(かんれん)するサービスをさがす

(ちか)くのサービスに(しぼ)

もっとみる

もっとみる

まずは、お()まいの地域(ちいき)選択(せんたく)してください

読み込み中

サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)