サイトのつかいかた

このサイトでは、自分(じぶん)(なや)みにあった
相談(そうだん)窓口(まどぐち)をさがせます。

さがしかた

つかう(まえ)

きたくない」「たくない」でも、これだけはえてほしいこと

2017.11.02

  • LINEで送る
突然ですが、出会ったマサル(仮名)を紹介します。

マサルは、高校中退してからずっとアルバイトでらしていました。
もともと勉強苦手だったので、高校中退したことは後悔していません。

アルバイトは6深夜のシフトもあったので不規則生活でしたが、収入いときには20くらい。
中退したまずさから友達とは疎遠になりましたが、仕事しく、にさみしいとか不安ということもありませんでした。

しかし、アルバイト上司わり、ミスで怒鳴られたり、長時間みなくかされたりして、あるついに仕事をサボってしまい、それから自宅にひきこもることがえてきました。

からは「いいかげんけ」とわれていますが、なんだか身体く、もやるきません。
のことをえると不安りもありますが、「もうどうでもいいや」という気持ちになることもなくありません…。

「ニート」や「ひきこもり」になるリスクはにでもある

もしかしたら、自分のこと?とっているもいるかもしれません。
もしくは、このままだと「ニート」や「ひきこもり」になっちゃうかも…と不安じているもいるかもしれません。
内閣府調査※1によると、全国で15から39までのニートは約77万人※2、ひきこもりは54.1万人※3発表されています。
して他人事ではなく、でも「ニート」「ひきこもり」になる可能性があるのだとえます。

「ニート」「ひきこもり」というと、どうしてもネガティブなイメージがいですが、り・青春まっただであっても、途中でちょっと一休みしたり、じっくりえる・自分時間ったりすること自体いことではないといます。

でも「孤立する」ことだけはけてほしいとっています。仕事学校かられると、「ひとりぼっち」になっていくリスクがまるので、そのことがきな心配です。

ひとりぼっちになるリスクをっておく

期間「ひとりぼっち(孤立)」になると、こんな困難直面しやすくなってしまいます。

うことがくなる、とうまくすことがしにくくなる
自分必要とされていないとじ、どんどん自信がなくなる
他人からどうられているのかになり、ちょっとしたことでイライラすることがえる
生活リズムがれて、昼夜逆転してしまいがち
・だんだんにおることがしにくくなり、不自由生活直面しがち

期間ひとりぼっちにならないために

一度ひとりぼっちになってしまうと、しい友達もほしいけれど、学校にも仕事にもっていないと、なかなか出会いをることはしいかもしれません。

そんなときは、あわてて仕事したり、無理学校こうとする必要はありません。学校仕事馴染めなかった経験があってもける場所があるのです。

全国に「居場所」とばれる、家庭でも学校でも職場でもない、「第三場所(サードプレイス)」とばれる「」がしずつできつつあります。このMex(ミークス)にもそういう情報っています。
勉強えてもらえるところもあれば、相談できる場所やただくつろげる場所もあります。

学校ること、会社就職することが、将来せやかさを保証してくれるといがちですが、そういう時代(みんなのはそういう時代だったかもしれませんが…)からきくわってきています。「一人きる」ことが自立目標ではなく、むしろ「みんなできる」ことが、時代く(る)最大のキーワードだとっています。


でも、いきなり「居場所かけてみよう」とわれても、すぐにはしいもいるといます。
大勢るのが苦手だな…というは、11のサポートをけることもできます。

自分居場所相談場所までかなくても、自宅近所までサポートスタッフがいてくれるプログラムや、メールや電話相談けているところもあるので、調べてみるといいかもしれません。

Mex(ミークス)でもそうしたプログラムや相談先せます。

すぐ相談したい

教育サポートセンターNIRE 若者社会参加応援事業
こころんホットライン 対面相談
こどもサポート鹿児島 訪問支援サービス
日本子どもソーシャルワーク協会 ユースワーカー派遣事業

※1出典:平成29年度版子供・若者白書
※2 仕事も家事も通学もしていない「若年無業者」の数
※3「ふだんは家にいるが、近所のコンビニなどには出かける」、「自室からは出るが、家からは出ない」、「自室からほとんど出ない」、「ふだんは家にいるが、自分の趣味に関する用事の時だけ外出する」という広義のひきこもりの推計数

2017.11.02

  • LINEで送る
この記事(きじ)()いた(ひと)中塚 史行
NPO法人教育サポートセンターNIRE代表
学習塾講師アルバイトで出会ったどもたちに影響され、発達障害支援分野にのめりみ2005にNPO法人設立どもたちの学習サポート、んぼ体験のキャンプ、不登校やニート・ひきこもりのども・若者たちの居場所づくりなど、「ども・若者をまんにした活動」を展開近年欧州のユースワーク・Social Pedagogy研究にもわる。一般社団法人日本LD学会会員特別支援教育(S.E.N.S)。

関連(かんれん)するサービスをさがす

もっとみる

もっとみる